金城 球団ポスターに姿なく「なんでパパいないの?」

[ 2013年12月18日 05:30 ]

契約更改で保留し、待遇改善を訴えたDeNA・金城

 DeNAの金城が横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、待遇面での見直しを求め保留した。球団関係者によると年俸3000万円から1000万円程度の増額提示があったもようだが「僕の立場についていろいろ話し合いをした。大事なことだし時間をかけて良い形で契約したい」と話した。

 プロ15年目の今季は打率・291、6本塁打。37歳と野手では生え抜きの最年長にファンの人気も高い。しかし、主力が集合した今年の球団ポスターに金城の姿はなかった。「なんでパパいないの?」と子供たちに言われて複雑な気持ちになったという。「チームへの愛着は強い。プロ野球選手は夢を与える仕事」。功労者としての自負もあるからこそ、ポスターについて説明を求めた。次回交渉は19日だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月18日のニュース