NPB 3年連続で大リーグ審判部門ミーティング出席

[ 2013年1月11日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)の東利夫審判員(52)が、米アリゾナ州フェニックスで開かれる大リーグ審判部門のミーティングに出席することが10日、分かった。

 日本の審判員としては11年の井野修審判長(当時)、昨年の友寄正人審判員に続き3年連続での参加となる。井野審判部部長は「こういうことは続けなければ意味がない。いろいろな経験を積んでほしい」と話した。20日に渡米し、メジャー審判員全員が参加するミーティングに合流。実戦講習などにも参加し、技術向上へつなげていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月11日のニュース