金子、右肘炎症で登録抹消 代役候補筆頭は井川

[ 2012年6月26日 06:00 ]

 オリックス・金子千尋投手(28)が25日に神戸市内の病院で「右肘内側部の炎症」と診断され、出場選手登録を抹消された。

 22日の練習中に右肘の張りを訴えていた。井筒チーフトレーナーは「10日間で帰ってくるかもしれないし、それ以上かかるかもしれない。毎日の状態を見ながら」と説明。エースの離脱を受け、昇格の最有力候補には井川が挙がる。24日の阪神との2軍戦で5回2失点。星野投手コーチは「(井川は)候補に挙がってくる」と話しており、29日からのロッテ3連戦(京セラドーム)での先発が有力視される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月26日のニュース