楽天・嶋 右親指骨折 近日中に手術へ 全治1カ月

[ 2012年5月25日 06:00 ]

 楽天の嶋基宏捕手(27)が24日、右親指付け根の骨折で出場選手登録を外れた。

 同捕手は13日のオリックス9回戦(京セラドーム)の5回の守備の際にファウルチップを右手に受けて負傷交代。23日の中日戦(Kスタ宮城)まで痛みを押して強行出場を続けていたが、この日に仙台市内の病院でエックス線検査などを受け、「第1中手骨基底部の骨折で全治1カ月」と診断された。近日中に骨をピンで固定する手術を受ける予定。芹田強トレーナーは「手術後の経過次第でリハビリの日程も決めることになる」と今後の見通しを語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月25日のニュース