サイ・ヤング賞 23歳左腕カーショーが初受賞

[ 2011年11月18日 08:10 ]

サイ・ヤング賞に選ばれ、本拠地ドジャースタジアムで記者会見するカーショー

 米大リーグ、ナ・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)が17日発表され、リーグ最多タイの21勝(5敗)を挙げたドジャースの先発左腕、カーショー投手が初受賞した。

 23歳のカーショーは勝利数、防御率2・28、248三振がすべてリーグ1位で3冠に輝いた。剛速球と大きなカーブを武器に、13勝16敗の黒田投手らと先発陣を支え、ナ・リーグ西地区で3位に終わったチームにあって8月中旬から8連勝し、オールスター戦後の後半戦は12勝1敗だった。

 選考は全米野球記者協会会員による投票(満票32)で、カーショーは1位票27を集めた。2位は昨年、史上5人目の両リーグでの受賞を果たし、今季も19勝(6敗)のハラデー投手(フィリーズ)、3位は17勝(8敗)のリー投手(フィリーズ)だった。

 ▼カーショーの話 受賞できるとは思いもしなかった。ただ、賞よりも大事なのはチームが勝ち、プレーオフに進むことだ。それが究極の目標。もっといい投手になりたい。周囲にも僕がそうなることを期待してほしい。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月18日のニュース