国学院久我山8強!エース川口「人生初」サヨナラ弾

[ 2011年7月23日 06:00 ]

西東京大会4回戦 国学院久我山6-4東海大菅生

(7月22日 神宮)
 国学院久我山が延長11回、エース川口の左越え2ランでサヨナラ勝ち。強豪の東海大菅生を振り切り8強進出を決めた。

 「打ったのは高めのカーブ。サヨナラ本塁打は人生で初めて。出来すぎです」と笑みを見せた川口だが、投球の方では課題を残した。4―0の9回に5安打で4点を失い、同点に追いつかれた。「8回までゼロに抑えていたので、完封したくて投げ急いでしまった」。初戦の聖パウロ学園戦でも熱中症の影響で鼻血を出し、7回で降板。その後は練習後に首筋を冷やすなどして暑さ対策をしてきたが、この日も終盤の投球に不安が残った。「自分のせいで同点に追いつかれたので…。次はしっかりと投げたいです」と春夏連続出場へ、反省も忘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月23日のニュース