館山 危険球で自身初の退場処分「申し訳ない」

[ 2011年6月13日 06:00 ]

<ソ・ヤ>4回、松田に死球を投げ、危険球とみなされ退場する館山

交流戦 ヤクルト3-1ソフトバンク

(6月13日 ヤフーD)
 ヤクルトの館山が自身初の退場処分を受けた。

 4回2死一塁で、シュートがソフトバンク・松田の頭部を直撃。危険球とみなされて降板した。「場所が場所だけに申し訳ない。チームにも迷惑をかけてしまった」と肩を落とした。3回2/3を無失点で今交流戦無敗をキープしたが、2回には左足の動きが2段モーションにあたるとして審判から指摘を受けるなど、後味の悪いマウンドとなった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月13日のニュース