須田8戦目でプロ初勝利「やっと勝つことができた」

[ 2011年6月6日 22:17 ]

プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手に尾花監督(左)と喜ぶ横浜・須田

交流戦 横浜3―1西武

(6月6日 甲府)
 横浜のドラフト1位ルーキーが8試合目の先発でプロ初勝利を挙げた。ウイニングボールを掲げ、「やっと勝つことができた」と喜びをかみしめた。

 5回2死一、三塁のピンチでは、片岡から「三振を狙った」と言う通り、最後は強気に内角を攻めて142キロの直球で空振りに仕留めた。

 昨秋のドラフトでは斎藤、大石、福井と早大の後輩トリオに話題をさらわれたが、プロの世界でひけを取る気はない。「まだ1勝。次が大事」と、2勝目へ気合を入れ直した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月6日のニュース