西岡 順調回復も…復帰は「早くて5月中」

[ 2011年4月19日 10:26 ]

 米大リーグ、ツインズのガーデンハイアー監督は18日、左すねの腓骨骨折で戦列を離れている西岡剛内野手について「きょうエックス線の再検査を受けた結果、問題はなく、順調に回復している」と話した。復帰時期については、早くて5月中という当初の見通しから変更はなかった。

 西岡は現在、本拠地のミネアポリスでプールでの歩行練習や自転車型トレーニング器具を使用してのリハビリを行っている。今後は回復の状況に応じてフロリダの球団施設に移り、実戦復帰に向けて調整する。

 西岡は7日のヤンキース戦で走者のスライディングを受けて負傷し、故障者リストに入った。同監督は「一番いいシナリオで4~6週間」と復帰への見通しを示している。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月19日のニュース