カブローズ弾出たけど吉野が1球敗戦投手

[ 2008年7月30日 06:00 ]

 【オリックス2―4西武】カブレラ、ローズのアベック弾は今季7戦全勝だったオリックスだが、痛恨の逆転負け。自力優勝の可能性が消滅した。2点リードの6回の守備で1死二塁から近藤が中島のゴロを二塁へ悪送球。自らピンチを広げて降板すると、中継ぎ陣も打たれて一気に逆転を許した。この回、ブラゼルに左前適時打を浴びた2番手・吉野はパ11度目の1球敗戦投手。大石監督代行は「ああいう形でミスをしてしまって」と悔しそうだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月30日のニュース