大抜てきに応えた!天谷がサヨナラ打

[ 2008年4月6日 06:00 ]

<広島・横浜>延長10回裏2死、二塁、天谷(左から2人目)は中前にサヨナラ打を放ちナインの手荒い祝福をうける

 【広島4―3横浜】万歳しながら広島の天谷が歓喜の輪に飛び込んだ。延長10回2死二塁から中前へサヨナラ打。「1番・中堅」で売り出し中の24歳は「最高でーす。皆さんに早く帰っておいしいお酒を飲んでもらおうと思って、打席に入りました」と絶叫した。趣味はレゲエ音楽鑑賞で、グラブに平和の象徴のピースマークの刺しゅうを入れている今風の若者。「足を引っ張っている面もあるけど何とか監督の期待に応えたい」。4番とエースが去ったチームに、スター候補生が出現した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年4月6日のニュース