福留 打撃で大リーグ対策に着手

[ 2008年2月4日 06:00 ]

 ナゴヤ球場の室内練習場で自主トレ中のカブスの福留が、本格的な大リーグ対策に乗り出した。フリー打撃の際、これまで平行にステップさせていた右足をボール1個ほどホームベース寄りに踏み込む形でスイングを繰り返した。本人は「投手の投げてくる角度に合わせただけで、何も変えていない」と否定したが、大リーグは日本より外角のストライクゾーンが広い。関係者は「外の球に対応するためクロス気味にして打っていた。それでいて内角の球もさばけていた」と話していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年2月4日のニュース