横浜 “ポスト・クルーン”ヒューズが初ブルペン

[ 2008年2月4日 06:00 ]

 横浜守護神候補のヒューズが初ブルペン。直球に時折チェンジアップを混ぜ、30球を投げ込んだ。1メートル96、106キロの巨体から繰り出される速球に「球に力があるし制球も良かった」と大矢監督も高評価。“ポスト・クルーン”はチーム最大の懸案事項だが、昨年レッドソックス3Aで24セーブを挙げた右腕は「抑えは自分が投げる場所だと思っている」と自信の表情だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年2月4日のニュース