東京国際大 古葉新監督が就任

[ 2008年2月4日 17:39 ]

プロ野球の広島や大洋の元監督で大学野球の東京国際大監督に就任した古葉竹識さん

 東京新大学野球リーグに所属する東京国際大学は4日、東京都内で記者会見し、プロ野球の広島や大洋(現横浜)で監督を務めた古葉竹識氏(71)の監督就任を発表した。プロの監督経験者が大学監督に就くのは、大阪タイガース(現阪神)と早大を率いた故森茂雄氏の例がある。

 真新しいユニホーム姿で登場した古葉氏は「学生の手助けをしたい。悔いの残らないように、挑戦する気持ちでいく。(早大の)斎藤君と対戦して日本一になりたい」と抱負を口にした。会見後は埼玉県坂戸市の同大グラウンドに移動して、早速ノックを行った。
 古葉氏は1975年のシーズン途中に広島の監督に就任し、同年にチームを初のリーグ制覇に導いた。広島では4度のリーグ優勝と3度の日本シリーズ制覇を達成した。
 東京国際大は2006年に東京新大学リーグ1部に昇格。昨秋は3位だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年2月4日のニュース