巨人 高橋尚が初ブルペン入りで42球

[ 2008年2月4日 06:00 ]

 巨人の高橋尚が初めてブルペン入りし、原監督が見守る中、42球の投球練習を行った。最後の12球は捕手を中腰にさせる投球に「感触は凄く良かった。回転のいい球が行っていた。監督が見ていたから(予定より)10球多く投げちゃいました」と納得の表情を浮かべた。また上原が3日連続で投球練習を行い、シュートを交えながら57球を投げ込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年2月4日のニュース