PR:

オリ 阪神・大和を調査 FA宣言なら解禁即日アタックも

阪神・大和
Photo By スポニチ

 オリックスが、国内フリーエージェント(FA)権を取得している阪神・大和内野手(29)の獲得へ乗り出す方針を検討していることが1日、分かった。球団関係者が「調査をしている。FA宣言したら検討する」と話した。

 大和は遊撃、二塁、中堅と複数ポジションをこなし、内外野いずれを守っても球界屈指の守備力を誇る。課題だった打撃でも、今季から両打ちに転身して規定打席未満だが、打率・280(右打席で同・287、左打席で同・276)まで上昇した。

 今季は正遊撃手の安達が109試合に出場したものの、難病の潰瘍性大腸炎が再び発症した影響で打率・203と低迷。二塁では西野が68試合に先発出場したのが最多と、最後まで二遊間を固定できなかった。戦力の構成的にも吉田正やT―岡田、ロメロら強打の外野手が揃うが、今季のチーム盗塁数33は12球団最少で、守備力と機動力を兼ねる大和は補強ポイントとまさに合致する。

 今季の推定年俸は5000万円で、Bランクとみられる。先月25日に阪神と話し合い、複数年契約とみられる条件を受けた際には「悩んでいる。すぐに答えが出ることではない。(他球団の)話も聞きたいという気持ちもある」と話している。

 悩んでいるのなら、交渉解禁日に一気にラブコールを送ることも辞さない構え。複数年提示などを携えて即日アタックの可能性もありそうだ。大和の動向に注視しながら、最大限の誠意をいま、準備している。

[ 2017年11月2日 05:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月15日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム