PR:

賭け金数百万円を徴収 胴元ほう助の笠原容疑者 巨人元3選手も書類送検へ

 プロ野球巨人の野球賭博事件で、賭博開帳図利ほう助容疑で逮捕された元選手笠原将生容疑者(25)が、賭博の開催を手助けしたとされる期間に客の松本竜也(23)、高木京介(26)の両元選手から賭け金計数百万円を集めていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 また警視庁組織犯罪対策4課は、松本、高木の両元選手に加え、同様に賭博への関与が発覚している福田聡志元選手(32)の3人を、賭博容疑で書類送検する方針。福田元選手とともに賭博をした大学院生も立件する。

 集めた金は賭博開帳図利容疑で逮捕された胴元役の斉藤聡容疑者(38)に手渡していたという。斉藤容疑者は他の胴元に賭け金を渡す仲介者だった疑いもあり、組対4課は暴力団に資金が流れていた可能性もあるとみて、事件の実態解明を進めている。

 笠原容疑者は2014年5月~15年3月、プロ野球10試合程度を対象に、松本、高木の両元選手に賭博のルールを説明して賭け金を集め、斉藤容疑者の賭博を手助けした疑いで逮捕された。

 捜査関係者によると、斉藤容疑者は1試合につき数万円単位で賭けを受け付け、レートとなるハンディを笠原容疑者にメールで伝達。松本、高木両元選手には笠原容疑者がメールでハンディを教えていた。両元選手は賭けるチームや金額を笠原容疑者に伝え、金は手渡ししていたという。

 日本野球機構(NPB)の調査では、高木元選手は1試合5万~20万円を賭けていたことが分かっている。

 笠原容疑者は客としても斉藤容疑者の賭博に参加しており、逮捕前の取材に「1試合で最低5万円、最大で100万円を賭けた」と話していた。

[ 2016年4月30日 22:26 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月17日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム