PR:

市和歌山 魔の9回 連続死球に送球ミス…エース赤羽「肘が…」

<市和歌山・南陽工>9回無死一、二塁、赤羽(左)のエラーで先制点が入る

第88回選抜高校野球大会1回戦 市和歌山0―6南陽工
(3月23日 甲子園)
 市和歌山のエース赤羽には「魔の9回」だった。0―0の9回、先頭から連続死球を与え8番重冨の投前バントで三塁封殺を狙った送球が逸れ痛恨の先制点を献上。2死までこぎつけたが2番笹部に左翼ポール直撃の3ランを浴びるなど8回2/36失点で降板した。

 「1点で抑えていれば裏の攻撃につなげられた。疲れが出て7回から肘が上がらなくなった」

 初回に自己最速を更新する143キロを計測し5回を除き毎回走者を背負う展開でも粘った。ただ、昨秋公式戦1完投が示すスタミナ切れが最後に出た。半田真一監督は5失策と乱れた中での144球を「上出来」と評価。先に登場した近畿5校が初戦突破する状況に「プレッシャーを感じていた」と6校目で滑り込んだ今大会を振り返った。

 赤羽は「制球力とスタミナをつける」と涙はなし。夏こそ「市和歌山」での聖地初勝利を達成する。 (水口 隆博)

[ 2016年3月24日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム