PR:

野球賭博問題で異例の12球団共同声明「結束して徹底図る」

会議を終え、報道陣に対応する西武・関球団専務(左)と巨人・山岸球団取締役

 野球賭博問題やチームの勝敗に絡む現金授受が相次いで判明したことを受け、12球団は23日、都内の日本野球機構(NPB)事務局で代表者会議を開き、共同声明を発表した。

 4時間に及ぶ会議後、パの理事長を務める西武の関洋二球団専務は「発生した事案を12球団として非常に重く受け止め、結束して現在行っていること(再発防止策)に対し徹底を図っていく」と語った。25日の公式戦開幕を前に、球界全体で再発防止に取り組む姿勢をアピールした。

 また、熊崎勝彦コミッショナーからNPBを通じて指示があった再調査について、処分を受けた巨人4選手以外の野球賭博に関わる新たな事案がなかったことを12球団で確認。関理事長は「野球賭博に関わる部分は一定の区切りがついたと考えておりますが、引き続きアンテナを高く教育、訓練をしていく」とし「野球ファンの方にご心配を掛けたことに、心よりおわびを申し上げます」と、セの理事長を務める巨人・山岸均取締役連盟担当とともに頭を下げた。

 ▼読売巨人軍 野球賭博問題では各方面に多大なご迷惑をお掛けし、あらためて深くおわび申し上げます。当球団の選手の間で、さまざまな賭け事や、円陣の声出し役へのご祝儀などが広がっていたことを痛切に反省し、他の球団のご協力をいただきながら再発防止に全力を尽くす所存です。

 ≪12球団声明文≫

 セントラル・リーグとパシフィック・リーグの12球団は、このたびの読売巨人軍における野球賭博問題を重く受け止め、有害行為を再び起こさないよう、球界の浄化に全力で取り組み、ファンの皆様の信頼回復に最善の努力を尽くします。

 また、高校野球のクジ引き、試合前の円陣をめぐるご祝儀などの選手相互間の金銭のやり取りに関しても、すでに禁止したところではありますが、12球団が結束して一層の徹底を図ることと致します。

[ 2016年3月24日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月19日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム