PR:

大阪桐蔭・高山 頭脳勝ち 150キロ封印、土佐の速球対策を肩すかし

<大阪桐蔭・土佐>帽子を飛ばし、力投する大阪桐蔭・高山

第88回選抜高校野球大会1回戦 大阪桐蔭9―0土佐
(3月23日 甲子園)
 1回戦3試合があり、優勝候補の大阪桐蔭(大阪)は、今秋ドラフト候補の150キロ左腕・高山優希投手(3年)が8回無失点の好投を見せるなど投打の歯車がかみ合い土佐(高知)に大勝した。

 「看板」を最大限に利用する頭脳的な投球で150キロ左腕がスコアボードに0を並べた。この日の最速は巨人のスピードガンで計測した144キロだったが、球場表示は139キロ止まり。マウンドで仁王立ちしたのは、剛球をイメージする土佐打線の裏をかいた「柔」の高山。西谷浩一監督が試合後、意図を明かした。

 「一人歩きしている150キロを利用させてもらった。(土佐は)速球対策してくると思ったので、高山には変化球を多めにして対応を見なさいと伝えました」

 2回は130キロ台の直球を連打され無死二、三塁のピンチを招いた。続く土居をカーブで三ゴロに仕留め1死満塁からは尾崎を外角スライダーで空振り三振。変化球を想定した馬場に対しては3球全て直球で二ゴロに封じた。3回以降も変化球をうまく使い無安打投球と危なげなし。「期待外れかもしれないですが、自分の投球はできたと思う。出来は70点です」。昨秋の明治神宮大会準決勝・高松商戦で150キロをマークしたが、甲子園では大台超えを期待する観客のどよめきより、勝つことだけに徹した。

 西谷監督に提出する野球ノートによく記す言葉がある。『勝ちにつなげる』―。チームの勝利のため、球速よりもアベレージを上げることに力点を置いてきた。中日の米村明スカウトは「絶対に負けないという強い心がある。それは投手に一番必要な要素」とハートの強さを評価。8回を投げ被安打2の8奪三振。昨年選抜準決勝・敦賀気比戦から続く無失点は12回1/3に伸びた。

 次戦は神宮大会準々決勝で対戦し2失点完投勝利を挙げた木更津総合との再戦。「次は打てないような真っすぐ。強いボールを投げたい。初回からチームに勢いをつけるような投球を」。新たな引き出しを増やした高山が再び、スコアボードに0を並べる。 (吉仲 博幸)

 ▼巨人・山下哲治スカウト部長 まだ粗削りだけど、落差のあるカーブがいいね。

 ▼中日・中田宗男スカウト部長 本質的にはテクニック型の投手。球速も段階を踏んで上がるだろう。安定感があって、試合をつくる力がある。

 ▼DeNA・吉田孝司スカウト部部長 投手向きのいい体をしている。手足が長い。可能性を感じるね。

 ▼西武・浅村(08年度卒)初戦突破おめでとうございます。母校の後輩たちにはいつも刺激をもらっています。さらに勝ち進んで、ぜひ全国制覇を達成してほしいです。

≪甲子園大会初戦連勝を史上2位タイの13≫大阪桐蔭が土佐に9―0の大勝。2004年春から続く春夏通じての甲子園大会初戦連勝を史上2位タイの13に伸ばした。春は1991年の初出場から出場8度全て5得点以上で勝利し、うち5度が零封と圧倒的な強さを見せている。

[ 2016年3月24日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月21日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム