【バレー男子】“落とさない男”リベロ山本「日本のリベロが世界のトップだと示す」 パリ五輪メンバー発表

[ 2024年6月24日 16:33 ]

山本智大
Photo By スポニチ

 日本バレーボール協会は24日、パリ五輪に出場する男子日本代表12人を発表し、石川祐希(28=ペルージャ)、西田有志(24=大阪ブルテオン)、高橋藍(22=サントリー)らが選ばれた。

 フィリップ・ブラン監督率いる日本代表は「史上最強」と言われる。昨年のパリ五輪予選で本大会出場権を獲得。開催中のネーションズリーグでは決勝トーナメント(27~30日、ポーランド・ウッジ)進出が決まっており、昨年大会の銅メダルを上回る決勝進出を目指している。

 23日の1次リーグ最終戦で米国にストレート勝ちし、世界ランクは過去最高の2位に浮上。26日(日本時間27日)に行われるパリ五輪の組み合わせ抽選会では、シード国としてC組に入ることが決まった。パリ五輪では72年ミュンヘン五輪以来52年ぶりのメダル獲得に期待がかかる。

 五輪のメンバー選考のポイントの一つとして挙げられていたリベロには、山本智大(29)が選出された。山本は「日本のリベロが世界のトップということを示し、メダル獲得に向け自分の役割をしっかり全うしたいと思います。オリンピックではメダル獲得を目指し頑張ります」とコメントした。

 ネーションズリーグでは14人が登録されたが、五輪では12人の登録のため、同じくリベロの小川智大は落選となった。

 以下、発表された五輪メンバー。

1 西田 有志 OP 大阪ブルテオン
2 小野寺太志 MB サントリーサンバーズ大阪
3 深津 旭弘 S 東京グレートベアーズ
4 宮浦 健人 OP ジェイテクトSTINGS
5 大塚 達宣 OH 大阪ブルテオン
6 山内晶大 MB 大阪ブルテオン
8 関田誠大 S ジェイテクトSTINGS
10 高橋健太郎 MB ジェイテクトSTINGS
12 高橋藍 OH サントリーサンバーズ大阪
14 石川祐希 OH シル・スーサ・ヴィム・ペルージャ、イタリア※主将
15 甲斐優斗 OH 専修大学
20 山本智大 L 大阪ブルテオン
リザーブ 11 富田 将馬 OH 大阪ブルテオン
 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月24日のニュース