女子バスケ・高田真希 サインに「自信」という言葉を添える理由「自分を信じるって…」

[ 2024年6月24日 17:41 ]

高田真希
Photo By スポニチ

 バスケットボール女子日本代表の高田真希(34)が自身のYouTube「たかだまきサブチャンネル」を更新。サインに「自信」という言葉を添える理由を明かした。

 ファンからの質問に答え、高田は高校時代にさかのぼる話を始めた。

 桜花学園時代の練習中に井上真一監督から「“自信”って10回大きな声で言え!」と命じられた。

 人見知りで恥ずかしがり屋だった高田の性格を見抜いた名将の指示だった。

 そこから色々考えて「自分を信じるって自分にしかできない」と思うようになった。

 そして「どうやって信じるの?」と自問し、「自分を信じられるまで練習すればいい」と思うようになったと明かした。

 高田は「周りに“自信を持って”と言われてもダメ。自分で自分を信じてあげる。自信が持てるようになるまでの課程が大切」と続けた。

 そして「自信が持てないプレーは後悔しかない。自信を持ってやれば結果がどうであってもやりきった感がある」と説明した。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月24日のニュース