【リーグワン】BL東京が東京都知事へ優勝報告 リーチ主将は優勝旅行ナシに「ないっすか?」と肩落とす

[ 2024年6月24日 18:15 ]

リーグワンの優勝報告を行ったBL東京のリーチ・マイケル主将(右)と小池百合子都知事
Photo By スポニチ

 ラグビーリーグワンで14季ぶりとなるリーグ制覇を果たしたBL東京のFWリーチ・マイケル主将、荒岡義和社長、薫田真広GMが24日、東京都庁を訪れ、小池百合子都知事に優勝報告を行った。BL東京は東京都と事業連携協定を結んでおり、今回の表敬訪問が実現。都知事から「ハードな練習を重ねてつかみ取った優勝は本当に素晴らしい。誇りに思う」などと祝福されたリーチは、「来年、もう一度優勝できるように頑張っていきたい」などと抱負を述べた。

 リーグワン決勝からすでに1カ月が経過し、リーチ自身は日本代表でも主将に復帰し、22日には24年初戦となるイングランド戦を終えたばかり。優勝の余韻に浸る時間は短かったようだが、「一番うれしかったのは、府中市民からの声掛けが凄くたくさんあること。朝、子供たちをバス停に送る時に、9割の府中市民におめでとうと言われる。どんどんラグビーの熱が高まっている」と実感を込めた。

 今回の優勝でリーグからは賞金5000万円が贈られた。使い道を問われた荒岡義和社長は「継続的にチームが強くなれるように、強化面に当てたい。いくつかプランを考えている」と明かし、ハード・ソフト両面での増強や充実化を図る予定。続けて「決して優勝旅行ではありません」と話すと、隣のリーチは「ないっすか?」と肩を落として笑いを誘った。

 来週からは再び宮崎で日本代表合宿に参加予定。次のテストマッチとなる7月13日のジョージア戦(宮城・ユアテックスタジアム仙台)へと調整を進める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月24日のニュース