×

【元横綱稀勢の里コラム】屋内外に2面の土俵を常設、サウナも備えた名古屋場所の拠点が完成

[ 2022年7月6日 07:00 ]

二所ノ関親方コラム「寛(くつろ)ぎのひととき」

名古屋場所の宿舎にあるサウナに入る二所ノ関親方
Photo By スポニチ

 年3回ある地方場所では、各部屋がお寺さんや後援者の施設を借りて宿舎として利用しています。最近は場所を確保するのも大変な状況ですが、パートナーシップを結んでいる「アイ工務店」さん(本社・大阪市)には立派な環境を提供していただいています。このほど愛知県安城市に完成した「アイベース愛知」が名古屋場所での拠点。住宅展示場の敷地内にあります。

 地域振興を目的とした土俵常設型施設という名目で、場所後は地元の方々にも利用していただくというコンセプト。サークルなどの活動のほか、夏には愛知県内の強豪校の相撲部が合宿をするプランも検討されています。安城市は以前、二十山部屋などが宿舎を構えていましたが、現在は二所ノ関部屋だけ。地域を活性化させるための重要な拠点になっていければ喜ばしいことです。

 二所ノ関部屋も6月30日からお世話になっていますが、快適すぎて驚いています。力士たちは場所が近いので緊張感がありますが、私はホテルのような感覚で旅行に来た気分です。これは1年に1回ではもったいない気もしています。夏合宿など場所以外でも利用すれば、地域の人とも深く交流ができるかなと思います。

 土俵は屋内外に2面常設。びっくりしたのは天井の高さ(5、6メートル)。開放感があり、ストレスなく稽古に打ち込めます。何といっても大きいのは水風呂とサウナの完備です。師匠として力士が宿舎の中で全て済ませられるようにとリクエストしましたが、角界では初の試みでしょう。サウナは私も現役の頃からよく利用していました。精神的な効果も期待できるし、夜もぐっすり眠れます。それが部屋の中で体験できるのはありがたいことです。

 10日に初日を迎える名古屋場所。私は現役時代、あまり名古屋場所が得意ではありませんでした。独特の暑さもありますし、汗ばんでおっつけが押し切れないなど、気分が乗れないときもありました。だから力士には最高の環境で調整し、力を発揮してほしいです。全員がいい結果を残して、恩返しをしたいと思います。(元横綱・稀勢の里)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年7月6日のニュース