プロとアマ、企業をつなぐゴルフ特化マッチングアプリが来年1月開始予定

[ 2021年10月15日 05:30 ]

ゴルフに特化したマッチングアプリ「ゴルフル」
Photo By 提供写真

 ゴルフルはゴルフが上達したい人、ゴルフの魅力を伝えたい人、そしてゴルフで人々を幸せにしたい人をつなぐマッチングアプリ「ゴルフル」を、来年1月をめどにサービス開始予定と発表した。ゴルフの現状と課題を「DX(デジタルトランスフォーメーション)」で解決していくことを掲げている。

 「ゴルフル」はゴルフに特化した、プロとアマとのマッチングアプリのこと。その提供サービスは
(1)「教えたい人×教わりたい人」をつなぐレッスンマッチング
(2)「サポートが必要なツアープロ×それをサポートしたい企業(個人)」をつなぐスポンサーマッチング
 ――となっている。

 具体的に(1)は「一人で練習しても上手くならない」、「習いたいけど自分に合うコーチが分からない」、「場所や時間を問わず自分のタイミングでレッスンを受けたい」などの悩みを抱えるゴルファーが、ゴルフル登録のさまざまなプロからアプリで気軽に簡単にレッスンを受けられるサービスを展開する。

 オンライン形式のマンツーマンレッスン、スイング動画診断から、オフライン形式の練習場やゴルフコースでの直接指導も受けられる。教わる人も教える人も、場所や時間の制約なく、そして、それぞれのニーズに合ったレッスンを利用できる。

 (2)ツアープロは多くの出費がかかる。エントリー費、移動費、宿泊費、食費、キャディー費、プレー費など合わせると約20万円前後の経費がかかると言われる。それ以外にも副次的にかかるコストは計り知れない。そのような厳しい環境で戦っているプロゴルファーやプロゴルファー志望者を応援したい企業と個人とをマッチングするサービスを提供する。

 コロナ禍でも安全に楽しめるアクティビティーとして、新規参入ゴルファーが増加。それに伴いレッスンの需要が高まる一方、一部の選手を除きツアーを主戦にするプロゴルファーは試合数が減り、賞金減などにより不安定な経済環境を強いられている。

 「ゴルフル」は、こういった現状と課題をDXで解決していくことを事業の根幹とし、今までになかったサービスや企画を推進。「すべてのゴルファーから愛されるアプリとなれるよう開発に努めていく」と意気込んでいる。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月15日のニュース