米&英ゴルフ協会 クラブの長さ制限、46インチ以内に 従来よりも短く

[ 2021年10月14日 05:30 ]

 全米ゴルフ協会(USGA)と全英ゴルフ協会(R&A)は12日、競技でのクラブの長さを46インチ以内(パター以外)に制限するモデルルールを発表した。ツアーや大会などでローカルルールとして採用可能で、来年1月から施行される。現在パターを除くクラブの全長は18インチから48インチに定められ、ミケルソンは47・5インチの1Wを使用。以前から飛距離が伸びることで飛ばし屋有利の傾向が強くなり、現状のゴルフコースが時代遅れになるとの指摘があった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月14日のニュース