パンサーズが6季ぶりの開幕3連勝 ジェッツから移籍のQBダーノルドがランで2TD

[ 2021年9月24日 12:36 ]

ランで2つのTDをマークしたパンサーズのQBダーノルド(AP)
Photo By AP

 NFLは23日、テキサス州ヒューストンで第3週の1試合を行い、パンサーズが24―9(前半7―6)で地元のテキサンズに快勝。初戦から14連勝を飾ってスーパーボウルに進出した2015年以来、6季ぶりに開幕3連勝を達成した。

 RBクリスチャン・マキャフリー(25)とWRのDJ・モーア(24)の主力2人が太腿を痛めてダウンする中、昨季までジェッツに在籍していたQBサム・ダーノルド(24)が34回中22回のパスを通して304ヤードを獲得。第1Qと第4Qには自らランで突破(5ヤード、1ヤード)するなど、気力あふれるプレーで2つのTDをマークして勝利に貢献した。

 南カリフォルニア大出身のダーノルドは2018年のドラフトで全体3番目にジェッツに指名されてNFL入り。しかしジェッツはここ3季で計13勝35敗と低迷し、ダーノルドに見切りをつける形で今年4月にパンサーズにトレードで放出していた。

 本来のエースQBディショーン・ワトソン(26)を複数の“セクハラ訴訟”、代役QBのタイロッド・テイラー(32)を脚の故障で欠いたテキサンズは1勝2敗。ドラフト3巡目(全体67番目)に指名されたスタンフォード大出身のデービス・ミルズ(22)が先発して第2Qには初のTDパスを記録したものの、勝機はつかめなかった。

 なお昨季のスーパーボウルを制した王者バッカニアーズ(2勝)は26日に敵地イングルウッド(カリフォルニア州)でラムズ(2勝)と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月24日のニュース