東京五輪1500m代表・卜部蘭、反省の3位 田中希実に刺激「全体で底上げを」

[ 2021年9月24日 19:16 ]

陸上 全日本実業団対抗選手権第1日 ( 2021年9月24日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

<陸上・全日本実業団女子1500メートル>萩谷楓(右から2人目)は卜部蘭(右)をゴール寸前でかわして日本人最上位の2位でゴールした
Photo By スポニチ

 女子1500メートルは東京五輪で同種目代表の卜部蘭(26=積水化学)が4分11秒89で3位だった。途中まで2位でレースを展開したが、最終盤で東京五輪5000メートル代表の萩谷楓(20=エディオン)に差し切られた。「前半は良いペースで入ったが、上手くリズムに乗れなかった」と反省した。

 東京五輪では1500メートルで8位入賞した田中希実(20=豊田自動織機TC)に刺激を受けた。「中距離が注目されるきっかけにもなった。私も含め、全体で底上げしたいというのを感じた」と振り返った。

 今後は昨年準優勝に終わったクイーンズ駅伝(11月、仙台)に向けて切り替える。「チーム全体で頑張っていこうという思いを共有している。私も少しでも1秒でも早くタスキをつなげられるようにしたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月24日のニュース