陸上走り幅跳び・小久保 日本新4位入賞「信じられない」

[ 2021年9月5日 05:30 ]

東京パラリンピック第12日 陸上男子走り幅跳び ( 2021年9月4日    国立競技場 )

男子走り幅跳び(知的障がい)決勝、力強い跳躍を見せる小久保(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 男子走り幅跳び(知的障がい)で小久保が1本目に自己ベストで日本記録となる7メートル01をマークして4位に入賞。「記録を見て信じられなかった」と笑顔がはじけた。

 元短距離選手でパラに出場するため高校3年で走り幅跳びに転向したところ、一気に才能が開花した。パリでメダルを狙う22歳は「次こそメダルを獲れるように頑張りたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月5日のニュース