サニブラウンが欠場 左太腿裏に疲労「深刻ではない」、19年秋以来出場予定の米競技会

[ 2021年5月17日 05:30 ]

レース前、ストレッチをするサニブラウン(AP)
Photo By AP

 陸上男子のサニブラウン・ハキーム(22=タンブルウィードTC)は15日、19年秋以来の出場となる予定だった米カリフォルニア州アーバインでの競技会の100メートルを欠場した。ウオーミングアップ中に左太腿裏に「違和感じゃなくて、ただ単に疲労がたまっている」と感じたという。「別に全然、そんな深刻ではない」と明るい表情だった。レイダー・コーチは「せっかく素晴らしい状態なので大事を取った。ケガも問題もない」と説明し、今月末の競技会に出場するとした。

 また、東京五輪代表が懸かる6月下旬の日本選手権に出場する際、米国から帰国時に隔離期間が必要となることから、同コーチは「トップ選手に長旅をさせ、隔離し、チームと離れて過ごさせるなんて他の国はどこもやっていない」と話し、東京五輪の日本代表選考に特例を求めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月17日のニュース