金谷69で4差、連続Vへパットが課題「明日もっといい順位で」

[ 2021年4月23日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 関西オープン第1日 ( 2021年4月22日    兵庫県 有馬ロイヤルGC=7103ヤード、パー71 )

2番でティーショットを放つ金谷拓実
Photo By 共同

 自身初の2週連続優勝を目指す金谷は3バーディー、1ボギーの69で首位と4打差発進。「パッティングのスピードに合わせられないうちに終わった感じ」とグリーン上を課題に挙げた。

 それでも、終盤の17番ではグリーン奥カラーから9ヤードをパターで沈めてバーディーを奪った。「明日はもっといい順位で上がれるよう準備をしたい」。前週の優勝で世界ランクは118位から76位に上昇。目標に掲げる松山英樹との東京五輪出場に向けて今季3勝目を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月23日のニュース