貴景勝、17キロ減の166キロ 関取最軽量は炎鵬の98キロ

[ 2021年3月2日 05:30 ]

大相撲春場所 14日初日

大関・貴景勝
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は2月の健康診断の体重を発表。カド番の大関・貴景勝は166キロで、昨年秋場所前に公表された前回から17キロ減となった。初の綱獲りに挑んだ先場所は左足首を負傷して10日目から休場。不調の原因に体重増を指摘する声もあった。

 なお、関取最軽量は十両・炎鵬の98キロ。最重量は2キロ増えた平幕・逸ノ城の200キロで、幕内平均は160・1キロだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月2日のニュース