金井大旺 男子100障害予選トップ、前日本記録保持者が自己新13秒33

[ 2020年8月29日 16:59 ]

陸上 ナイトゲームズ・イン福井 ( 2020年8月29日    福井県営陸上競技場 )

<ナイトゲームズ・イン福井>男子110メートル障害予選 自己新の13秒33で予選を通過した金井大旺(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子110メートル障害予選は前日本記録保持者の金井大旺(24=ミズノ)が13秒33(追い風2・0メートル)をマークして自己ベストを更新。予選トップで決勝に進んだ。現日本記録保持者の高山峻野(25=ゼンリン)は13秒46(追い風参考)で全体の2位となった。

 新旧日本記録保持者の対戦となる決勝は午後6時半から行われる。23日のセイコー・ゴールデングランプリ(国立競技場)では金井が高山に競り勝っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月29日のニュース