クリッパーズの西地区第2シードが確定 ウィザーズとグリズリーズはあす最終戦

[ 2020年8月13日 13:24 ]

26得点を挙げたクリッパーズのレナード(AP)
Photo By AP

 NBAは12日、フロリダ州オーランドで「シーディング・ゲーム」の4試合を行い、西地区全体2位のクリッパーズは3位のナゲッツを124―111(前半50―58)で下して48勝23敗。ポール・ジョージ(30)が27得点、カワイ・レナード(29)が26得点を挙げ、再開シーズンを1試合残してプレーオフでの地区第2シードが確定した。この結果、クリッパーズはプレーオフ1回戦では西地区7位が決まっているマーベリクスと顔を合わせる。

 西地区第3シードとなったナゲッツは46勝26敗。クリッパーズとは違って主力は第4Qでは出場しなかった。

 サンダーはヒートに116―115(前半62―66)で競り勝って44勝27敗。第3Q終了時点で18点をリードされたが、第4Qを34―15として試合をひっくり返し、この日ペイサーズに敗れたロケッツと入れ替わって西地区全体5位から4位に浮上した。

 「オーランド・バブル」と呼ばれる再開シーズンは7月30日から始まったが、参加している22チームの残り試合はすべて「1」。東地区ではヒートとペイサーズの順位だけが確定していないが、プレーオフ1回戦のカードはすべて決まった。

 なおここまで7戦全敗のウィザーズは日本時間の14日午前1時からセルティクスとの最終戦に臨み、プレーオフ最後の枠がかかっている西地区全体9位のグリズリーズは同日午前5時からバックスと対戦する。

 各チーム8試合の「シーディング・ゲーム」は14日(日本時間15日)に終了。西地区8位と9位のチームが対戦する「プレー・イン・シリーズ(2試合制)」は16日(同17日)と17日(同18日)に行われる。

 <12日の結果>

ペイサーズ(44勝28敗)108―104*ロケッツ(44勝27敗)
ラプターズ(52勝19敗)125―121*76ers(42勝30敗)
*サンダー(44勝27敗)116―115ヒート(44勝28敗)
クリッパーズ(48勝23敗)124―111*ナゲッツ(46勝26敗)

 *はホーム扱いのチーム

 <西地区8位トレイルブレイザーズとのゲーム差>

 ▼9位グリズリーズ=0・5
 ▼10位サンズ=0・5
 ▼11位スパーズ=0・5

 <確定したプレーオフのカード>

 ▼東地区1回戦
(1)バックス―(8)マジック
(2)ラプターズ―(7)ネッツ
(3)セルティクス―(6)76ers
 *ヒート―ペイサーズ

 ▼西地区1回戦
(2)クリッパーズ―(7)マーベリクス

 *カッコ内は地区全体順位。東地区全体4位のヒートと5位ペイサーズはともに44勝28敗で残り1試合。1回戦での対戦は確定したが順位は変動あり。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月13日のニュース