阿炎 再出場なし…2度も接待を伴う飲食店に 芝田山広報部長「情状酌量の余地ない」

[ 2020年7月27日 05:30 ]

大相撲7月場所8日目 ( 2020年7月26日    両国国技館 )

阿炎
Photo By スポニチ

 会食が発覚して師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)の判断で25日の7日目から休場した阿炎について、日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は26日、今場所の再出場はないことを明かした。

 芝田山部長は阿炎が場所前と場所中に2度、接待を伴う飲食店に行ったことを明かし、「情状酌量の余地はない。場所中も行ったって。相撲で(他の力士と)接触させられない」と指摘。同部長は場所後の理事会で今回の問題が「議題に上がる事案」とも明言した。

 錣山親方は「今場所は出場させない」と決めた。阿炎は25日の検温で37・6度あったことも明らかになった。25、26日と抗原検査を受け、いずれも陰性反応で、PCR検査の必要はないという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月27日のニュース