男子ゴルフ「KBCオーガスタ」開催断念 大会事務局「慎重に協議を重ねた末の判断」

[ 2020年6月2日 05:30 ]

 8月27~30日に予定されていた男子プロゴルフトーナメント「RIZAP KBCオーガスタ2020」(福岡・芥屋ゴルフ倶楽部)の中止が決まった。1日、主催の九州朝日放送(KBC)と日本ゴルフツアー機構(JGTO)が発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は5月25日に全国で解除されたが大会事務局は「“第二波”への備えを緩めることはできないという状況を踏まえ、開催を見送った」としている。

 また10月24、25日に開催予定だったPGAシニア後援競技の第22回アサヒ緑健カップTVQシニアオープン(スポニチ後援、福岡・久山カントリー倶楽部)も中止が決まった。

 大会は8月中旬にアマチュア予選会を行い、上位選手が10月の本戦に進んでプロと腕を競う形式。昨年の同予選会には3日間で過去最多の385人が挑戦した。今回は新型コロナウイルス感染の動向がいまだ不透明で、同予選会開催のめどが立たないことも考慮。大会事務局は「選手、ボランティア、ギャラリーの皆さんの健康と安全を最優先に考え、慎重に協議を重ねた末の判断」としている。

 今季ツアーは1月にシンガポールで開幕戦を行ったが、4月以降の国内大会は休止している。これまでに中止や延期が確定していない夏の大会は7月8日に始まるゴルフパートナー・プロアマ(茨城・取手国際GC)、8月20日開幕の長嶋茂雄招待セガサミー・カップ(北海道・ザ・ノースカントリーGC)の2大会。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月2日のニュース