ボストン・マラソン史上初の中止、18年覇者の川内優輝「残念に思う気持ちは全世界のランナー共通」

[ 2020年5月29日 08:55 ]

川内優輝
Photo By スポニチ

 ボストン・マラソンの主催者は28日、新型コロナウイルスの影響により、今年のレースの中止を発表した。当初予定の4月から9月14日に延期していたが、1897年から毎年開催されてきた伝統のレースは史上初めて中止となった。

 18年大会を制した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は自身のツイッターを更新。「緊急事態宣言も解除されたので、ボストンマラソンに向けて、少しずつ質の高い練習も再開していこうと思っていましたが、合宿の時期や秋以降のレース計画(開催可否が未定の大会も多いですが)も練り直そうと思います。残念に思う気持ちは全世界のランナー共通なので、次の目標を定めて頑張ります」とつづった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月29日のニュース