スクラムの組み直しなし…ワールドラグビー、コロナ対策の一時的規則改正案を発表

[ 2020年5月29日 05:30 ]

花園ラグビー場
Photo By スポニチ

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、スクラムの組み直しをなくすなど一時的な規則改正案を発表した。

 接触プレーがスクラムで3割、モールで5割減少する見込みで導入の可否は各協会や大会主催者が判断する。WRが60試合以上を検証し、試験的改正案としてまとめた。試合中につばを吐く、はなをかむ、円陣を組むなどの行為の禁止も推奨した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月29日のニュース