藤田寛之の“急がば回れ!”上達講座【第8回 ラフからのショットを成功させるための方法】

[ 2020年5月29日 12:00 ]

ラフからのショットを成功させるための方法を解説する藤田寛之プロ
Photo By スポニチ

 今回のテーマはラフからのショットを成功させるための方法です。これからの時期、ラフはどんどん長くなってきます。藤田寛之プロはアベレージゴルファーのライの見極めが甘いと言います。さらに、ライに応じたクラブ選択、打ち方に問題があるため、ミスの確率が高まるとのこと。それらの問題を解消し、ラフからでもグリーンを狙える藤田流のエッセンスをティーチングプロのジミー常住氏が聞きました。

 常住 ラフにつかまったボールを打つ際の注意点を教えて下さい。

 藤田 まずはライの見極めですね。ボールが芝に浮いているライ、ボールが半分ほど沈んでいるライ、ボールが完全に沈んでいるライの3種類あると考えましょう。ボールが浮いているライは、フェアウエーにボールがある場合と打ち方は変わりません。ティーアップした状態に近いので、むしろやさしいぐらいです。問題は残り2つのライになります。

 常住 ボールが沈んでいるときですね?

 藤田 はい。最初に半分沈んでいるライから打ち方を説明しましょう。この場合、アベレージゴルファーの多くは、芝の抵抗がある分、飛距離が落ちると考えます。仮にピンまで130ヤードあるとしたら、8Iではなく、7I、もしくは6Iを手にします。さらに、芝の抵抗を避けようとしてボールの真上からクラブヘッドを鋭角に下ろす打ち方か、ボールを上げようとしてアッパーブロー気味に打とうとします。

 前者はロフトがさらに立つため、ヘッドを振り抜くことができず、結果的にボールが浮かずに飛距離が出ません。後者は芝の抵抗をまともに受けるため、ヘッドスピードが落ち、飛距離が出ません。

 常住 どちらも打ち方としては不正解ですね。

 藤田 プロとは真逆の発想なんです。私だったら、ボールとクラブフェースの間に芝が挟まり、スピン量が減る分、ボールが飛びすぎると考えます。したがって、8Iの距離なら9Iを選択するわけです。そして、芝の抵抗を少なくするために、スイングの最下点よりも手前からヘッドを入れるようにします。芝ごと払うようなイメージです。
 
 常住 フライヤーを利用するわけですね?

 藤田 そうです。しかも、ロフトが大きいクラブで打つ分、ヘッドの抜けもよくなりますからね。

 常住 なるほど。それでは次にボールが完全に沈んでいるライのときはどう打ちますか?

 藤田 ボールが地面のすぐ近くにあるため、芝の抵抗をかなり受けます。さすがに芝ごと払い打つのは難しいでしょう。この場合、無理をしないことです。まずは確実にフェアウエーに出すことを優先し、次打でグリーンをとらえるようにするべきです。したがって、ピンまでの距離に関係なく、ピッチングウエッジやアプローチウエッジを選択します。せいぜい9Iまでです。多少カット軌道になっても構わないので、ボールの上からドーンと鋭角的にヘッドを下ろします。当然、ヘッドを振り抜くことが難しいので、インパクトで終えるイメージです。

 力任せにフルショットするのではなく、コンパクトなスイングを心がけましょう。

 常住 ほかに注意点はありますか?

 藤田 強いインパクトを意識しますが、上体ごと目標サイドに突っ込んでしまうと大きなミスにつながります。あくまでもビハインド・ザ・ボールをキープしながらヘッドを下ろしましょう。(取材協力=静岡・葛城ゴルフ倶楽部)



 ◇藤田 寛之(ふじた・ひろゆき)1969年(昭44)6月16日生まれの50歳。福岡県出身。15歳でゴルフを始め専修大を経て92年プロ入り。97年サントリーオープンでツアー初V。12年には年間4勝をマークし賞金王に輝く。20代は1勝だったが、30代で5勝、40代で12勝と年齢を重ねるごとにプレーヤーとしての凄みを増している。昨年は優勝こそなかったものの、賞金ランク18位で23年連続賞金シードを獲得。1メートル68、70キロ。

 ◇ジミー・常住=本名・常住治臣(つねずみ・はるおみ)1981年(昭56)12月15日生まれの38歳。東京都出身。5歳でゴルフを始め米マーセッド・カレッジ留学を経て、12年日本プロゴルフ協会(PGA)の指導者ライセンスを取得。1メートル70、70キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月29日のニュース