史上初!角界に「50歳力士」 序二段・華吹が誕生日 師匠の立浪親方「ケーキでお祝いします」

[ 2020年5月29日 05:30 ]

28日に50歳の誕生日を迎えた華吹
Photo By スポニチ

 大相撲の現役最年長、西序二段68枚目の華吹(はなかぜ、立浪部屋)が28日、50歳の誕生日を迎えた。昭和61年だった86年春場所で初土俵を踏み、47歳となった17年には一ノ矢を抜いて昭和以降の最年長力士となった。令和最初の場所だった昨年夏場所、昭和から3元号にまたがって相撲を取った唯一の力士となったことについて聞かれると「自分はいいです」と多くを語らなかったが、その後も土俵に上がり続けた。

 師匠の立浪親方(元小結・旭豊)は華吹の2学年上だが、入門は丸1年後。ちゃんこ長も務める弟子を「部屋にいてもらわなきゃいけない存在」と信頼し、「ケーキを渡してお祝いします」と節目の誕生日を喜んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月29日のニュース