レブロン、卒業式中止の高校生へエール「夢追いかける時」

[ 2020年5月18日 05:30 ]

レーカーズのレブロン・ジェームズ(AP)
Photo By AP

 NBAレーカーズのレブロン・ジェームズが16日、新型コロナウイルスの影響で卒業式が中止となった米国の高校生のためにテレビを通じた合同卒業式に登場し「あらゆる夢を追いかける時だ」とエールを送った。自身の財団と教育支援団体などが協力し、多くの著名人が参加して複数の主要局が放送。オバマ前大統領は「君たち全員をこれ以上ないほど誇りに思う」とスピーチし、トランプ政権に批判的なサッカー女子米国代表のメーガン・ラピノーは「より良いもののために、一緒に声を上げよう」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月18日のニュース