瀬戸大也、コロナ禍の中で驚きのトレーニング「自宅でも軽く泳げるように」

[ 2020年4月22日 22:49 ]

競泳の瀬戸大也
Photo By スポニチ

 競泳の瀬戸大也(25)が22日、自身のインスタグラムを更新。自宅でのトレーニングの様子を披露した。

 瀬戸は画像と動画をアップ。自家用プールを組み立て、そこで泳ぐ自身の姿をカメラに収めていた。

 このことについて瀬戸は「自分専用のプール完成 これで自宅でも軽く泳げるようになりました笑 水をキャッチする感覚や泳がないと動かない細かい関節や筋肉があるんです。だから泳がないと」と説明。思うようなトレーニングができないためか「早くコロナが収束してほしい切実に…」と嘆いていた。

 ただ、驚くべきはプールの横幅が身体2つ分に満たない大きさでも、充実のトレーニングを可能にしていたこと。ゴムチューブを利用し、負荷を掛ける形でダイナミックな泳ぎを見せていた。

 コメント欄には「発想すごすぎます さすがオリンピック選手 応援してます」「前向きの大也君 それでこそ瀬戸大也」「こんな大胆な発想をするとは・・・・・ でも、寒くありませんか?」「わあすごい工夫ですね!おうち時間も努力していてさすがです」といった声が。制約がある中でもしっかりトレーニングする一流アスリートの姿に魅了されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月22日のニュース