女子マラソン代表・鈴木亜由子 調整不自由でも寮で練習「土台つくれる」

[ 2020年4月22日 05:30 ]

東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子
Photo By スポニチ

 東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)は電話取材に応じ「大変な状況、危険な中で働いている方もいる。本当に感謝しながら、できることをやっている」と心境を語った。

 新型コロナウイルス感染拡大で思うような調整はできないが「土台をつくれる」と寮で練習を積む。1月に痛めた右太腿は「そろそろ(マシンで)走りだそうかなという感じ」と順調だ。五輪延期には「平和が戻った時、みんなでできればいい」と切り替え、準備に1年の猶予が生まれたことで「できたらもう一度」と五輪本番前のマラソン出場も視野に入れている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月22日のニュース