朝乃山 稽古没頭 両横綱に雪辱へ「下半身鍛える」

[ 2020年4月4日 05:30 ]

ぶつかり稽古で胸を出す朝乃山(手前左)
Photo By 共同

 新大関・朝乃山は都内の高砂部屋で稽古を行い、下半身強化に取り組んだ。

 大関昇進を決めた春場所は2横綱に敗れ、白鵬には立ち合いで圧倒された。「体は申し分ないと言われるけど技も必要。心技体がそろわないと横綱には勝てない」と実感。感染予防のために不要不急の外出を自粛し、稽古に没頭する新大関は「立ち合いの鋭い踏み込みや瞬発力が大事。そのために下半身を鍛える。前に出れば自分の持ち味が生きる」と引き締まった表情を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月4日のニュース