21年へ向け再スタート 東京五輪新日程決定に反応続々

[ 2020年3月31日 05:30 ]

表示を再開したJR東京駅前のカウントダウン時計(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の延期となった東京五輪の新日程が21年7月23日開幕、8月8日閉幕に決まった。大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、政府が30日夜に合意し、その後のIOC臨時理事会で正式承認された。当初の今年7月24日開幕予定から丸1年後の開催。また、8月25日開幕予定だった東京パラリンピックの新日程も21年8月24日開幕、9月5日閉幕に決まった。

 ▼国際オリンピック委員会トーマス・バッハ会長 全ての利害関係者と協力することで、前例なき難題を乗り越えられると確信している。東京五輪は(新型コロナウイルス禍という)トンネルの出口を照らす光となる。

 ▼日本オリンピック委員会山下泰裕会長 世界中のアスリート、関係者の不安を一刻も早く取り除きたいという多くの方の思いが、この迅速な決定に結実したと思う。不安材料を払しょくし、万全な体制で大会に臨むために競技団体と緊密に連携していく。

 ▼国際パラリンピック委員会アンドルー・パーソンズ会長 新日程がすぐに決まったことは素晴らしいニュース。選手に確信を与え、利害関係者には安心感をもたらす。

 ▼陸上競歩女子岡田久美子 あと1年、やるべきことを行い、最高の準備をして臨みます。

 ▼サッカー女子岩渕真奈 世界がコロナに勝利して、そして2021年、日本人として誇れる大会になりますように。

 ▼重量挙げ女子三宅宏実 1年先の夏というのは長くも感じるが、負けないように頑張る。あとは国際重量挙げ連盟の選考ルールがどうなるのかが気になる。

 ▼ボクシング男子成松大介 しっかり準備をしたい。全世界に一刻も早く平穏な日々が戻ってくることを願っています。

 ▼ボクシング男子岡沢セオン 自分はまだまだ進化できると思っており、神が時間を与えてくれたと考えている。金メダル獲得に必要なことに取り組んでいく。

 ▼ボクシング女子入江聖奈 この1年間を有効に使って、もっともっと強くなって、必ず表彰台の一番高いところで君が代を流す。

 ▼カヌー女子矢沢亜季 日程が決まって本当にうれしい。残された時間をしっかりと有効に使い、最高のパフォーマンスを見せられるように練習して、準備したい。

 ▼馬術大岩義明 予定が出たので春を準備期間として使えるのは分かった。ただ、国際大会がいつから再開するかが読めない。あらゆる状況で、できる範囲で最善を尽くすしかない。

 ▼空手女子植草歩 延期というのは強くなるための時間が増えただけ。この1年で空手をさらに盛り上げていきたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月31日のニュース