元ブリリアンのコージ「アメフト100、タレント100、コージ200%で頑張る」

[ 2020年3月31日 17:53 ]

入団会見を行った栗原(左)とコージ
Photo By スポニチ

 社会人アメリカンフットボールのXリーグのみらいふ福岡SUNSに入団したタレントのコージ・トクダ(32)が同じく新加入の栗原嵩(32)とともに、福岡市内で記者会見を行った。

 コージは大学時代、法大のDE(ディフェンスエンド)として4年時は主将を務めるなど活躍。1年、3年、4年時には大学日本一を決める「甲子園ボウル」に出場した経験を持つ。卒業後はお笑いコンビ「ブリリアン」を結成。16年10月からは「ブルゾンちえみwith B」として活動。3月10日にブリリアンは解散していた。

 10年ぶりの競技復帰となる。17年にお笑い芸人としてブレークしてから、SNSで競技の魅力を積極的に発信してきたが、「あまり大きな成果が得られず悔しい思いだった」という。「QBサックを見せたい」と意気込みを語り、「アメフト100、タレント活動100、コージ200%でいこうかなと思います。今まで以上に全力で頑張る思いが強いです」と話した。

 背番号は大学時代の「44」とブルゾンちえみwithBでの決まりフレーズ「35億」からの「35」を引いた「9」に決定。「心機一転です。44から35引いたろうと。1桁は分かりやすいんじゃないかという感覚です。35じゃなくてすみません(苦笑)。解散したんだし、それぞれの道に行くのだから、一人だけ背負っているのもだし、9にしました」と話した。

 今後は東京を拠点に活動しつつ、週末は福岡に通う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月31日のニュース