世界新記録の道下美里 向かい風に奮起「ここで頑張らないと」で快挙

[ 2020年2月2日 20:05 ]

スポニチ後援・第69回別府大分毎日マラソン   出場選手=男子3427人 女子195人 ( 2020年2月2日    大分市高崎山・うみたまご前をスタート、別府市亀川漁港前折り返し、大分市営陸上競技場ゴール )

視覚障害女子で世界新記録をマークした道下と伴走者の志田さん
Photo By スポニチ

 視覚障害女子は東京パラリンピック出場を確実にしている道下美里(三井住友海上)が、自身の持つ世界記録を1分52秒更新する2時間54分22秒で優勝した。

 序盤から世界新ペースで刻むと、25~30キロで道下に向かい風が。昨年12月の防府読売マラソンでは向かい風からフォームを崩し、ペースを落としただけに、「ここで頑張らないと」と奮起した。課題としていた後半も脚力は衰えなかった。

 17年の防府読売マラソンで世界新を更新してから、記録が伸び悩んでいた。「トンネルを抜け出せずにいた」と振り返るだけに、喜びもひとしお。本番に弾みがついた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月2日のニュース