本田真凜「思い切りやるだけ」昨年15位の悔しさ晴らす

[ 2019年12月18日 14:04 ]

<フィギュア全日本選手権公式練習>公式練習に臨む本田真凜(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本選手権は19日、東京・国立代々木競技場で開幕する。18日は会場で公式練習が行われ、本田真凜(JAL)が調整した。

 公式練習では3回転フリップの転倒が目立ったが、「あとは思い切りやるだけ。自分のためにもいい演技ができたらいい」と19日の女子ショートプログラム(SP)を見据えた。

 拠点を米国に移すなど環境の変化があった昨季は、全日本で15位に沈んだ。「去年は気持ちと体の部分にズレがあって、いい演技ができるイメージがなかった」と振り返るが、今は違う。今大会前に国内で実戦を積み、「2週連続で試合ができて、いい演技ができた」と自信を持って日本最高峰の舞台に臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月18日のニュース