鈴木 五輪50キロコース再考訴え「日なた相当きつい」

[ 2019年8月9日 05:30 ]

世界陸上競歩日本代表練習公開 ( 2019年8月8日    北海道千歳市 )

世界選手権に向けて練習する山西(左)と鈴木
Photo By スポニチ

 男子50キロ代表の鈴木は「日なたで50キロ歩ききるのは相当きつい。できればコースを再考してほしい」と訴えた。今月上旬に荒川河川敷や皇居外苑の五輪コースでシミュレーションを実施。荒川では30キロを歩いたが「あと20キロ行けるかなというのが正直なところ。脱水になってもおかしくない」と振り返った。皇居外苑に日よけはないだけに「選手だけでなく観客にも酷」と憂慮していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月9日のニュース