カリー 八村の活躍に太鼓判「バスケIQが高い」

[ 2019年6月23日 14:34 ]

八村の印象を語るS・カリー(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 米バスケットボールNBAで2度のMVPを獲得しているステフィン・カリー(31=ウォリアーズ)が、ドラフトでウィザースから1巡目指名された八村塁(21)の活躍に太鼓判を押した。

 23日に都内で開催された、自身の主催する日本の現役高校生を対象としたバスケットボールキャンプに出演。日本人の母とベナン人の父を持つ身長2メートル3のパワーフォワードについて「彼のプレーを見ているとバスケIQが高いと思う。リング周りでのソフトなタッチも持っている。NBAが向かっている方向に合っている」と高く評価した。

 カリーはNBA史上最高額の5年総額2億120万ドル(約216億円)でウォリアーズと契約中の超大物。今季はファイナルでラプターズに敗れて3連覇を逃したが「ファイナルに5年連続で進んだ素晴しいシーズンだった。物語は今後も続く。また来年から勝ち続けたい」と前を向いた。司会の佐々木クリスから「八村選手と対戦する時はお手柔らかにお願いします」と頼まれると「それはできない」と苦笑いしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月23日のニュース